脳塞栓に対する血栓回収療法普及のためのプロジェクト/第1回愛知県血栓回収療法教育セミナーのご案内

第1回愛知県血栓回収療法教育セミナー/日程:平成30年6月17日(日)/会場:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス

第1回愛知県血栓回収療法教育セミナー御礼

ごあいさつGREETING

脳塞栓症超急性期に血管内からカテーテルを用いて実施する血栓回収療法はt-PA静注療法を補完し、再開通率の向上とそれに伴う身体的後遺症の低減に大きく寄与することは、世界的にコンセンサスが得られております。しかしながら、都市郊外や医療過疎地においては、医師不足や、住民の意識レベルの問題もあって、十分な治療が享受されておりません。県内のどこでも同じレベルの治療が行われるように、実施医を多く養成することは喫緊の課題であります。そこで、県内4大学の脳血管内治療の責任者の合意のもと、脳卒中協会愛知県支部が主催となって、「脳塞栓に対する血栓回収療法普及のためのプロジェクト」が立ち上がりました。このプロジェクトでは、この治療法の最も効率的な活用を追求するととともに、その普及と啓発のための地域での活動を支援していく予定です。

今回、愛知県内の習得希望者を対象に第1回トレーニングコースを行います。基礎から実技のノウハウに至るまでの総合的な講義と、実際のハンズオンにて デバイスの取り扱い方を学んでいただきます。このコースの受講後すぐに実施医となれるわけではありませんが、今後の臨床活動の第一歩となりましたら幸甚です。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

平成30年4月吉日

脳塞栓に対する血栓回収療法普及のためのプロジェクト実行委員会

吉田 純(日本脳卒中協会愛知県支部)
宮地 茂(愛知医科大学脳血管内治療センター)
奥田 聡(名古屋医療センター 神経内科)
中原一郎(藤田保健衛生大学脳卒中科)
間瀬光人(名古屋市立大学脳神経外科)
泉 孝嗣(名古屋大学大学院脳神経病態制御学)

開催概要OUTLINE

おかげさまで多数の登録をいただき、ハンズオン講習については定員となりましたので、これ以降にご登録をされる先生は、講義とハンズオン見学ということになります。その場合の参加費は7,000円となります。
申し込みのご予定をされていた先生には大変申し訳ありませんが、よろしくご了解のほどお願い申し上げます。
日 時 平成30年6月17日(日)9:30〜18:00
会 場 JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス(名古屋市)
会場レイアウト案
内 容 教育講演:12題
ランチョンセミナー:1題
症例ディスカッション、ビデオセミナー、機器展示、ハンズオン
※セミナースケジュールはこちら
参加費

10,000円(テキスト代込み)

※ハンズオンは数に限りがありますので先着順です。

※ハンズオン選外または非希望の方は参加費7,000円(コメディカル:5,000円)にディスカウントさせていただきます。

参加申込み E-mail:thrombectomy@aichi-med-u.ac.jp
申し込み用紙を添付してください。FAXも可)
参加費振込先 金融機関名:三菱東京UFJ銀行鶴舞支店
口座番号:普通預金 1586938
口座名義:名古屋脳血管内治療研究会

会 則CONSTITUTION

お問い合わせ先CONTACT US

脳塞栓に対する血栓回収療法普及のためのプロジェクト実行委員会事務局

愛知医科大学 脳血管内治療センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1

TEL 0561-62-3311 FAX 0561-63-2879

E-mail: thrombectomy@aichi-med-u.ac.jp